読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀杏古書堂の素人ネタ

Bがボケて、Aがつっこみます。逆にすればよかったと思っています。たまに違うやつもあります。

◯意味

B「銀なら五枚」

 

A「金なら?」

 

B「五枚」

 

A「金でも!?」

◯ぐうの音

B「寝てない自慢がカッコ悪いってもう周知されてるやん?」
A「確かにな。もうあんまりする人もおらんくなってきてる感はある」
B「この前久しぶりにされてさ」
A「うわっ。まだおんねや」
B「俺もびっくりしてさ」
A「どんな感じやったん?」
B「最近ほんましんどいわ〜って」
A「うん」
B「んで寝不足ですか?って」
A「うんうん」
B「せやねん、寝不足やねんって」
A「うんうん」
B「昨日は何時ぐらいに寝たんですか?って」
A「うんうん」
B「ここ6年半は寝てないなって」
A「バケモンやないか」
B「そうなんすねって」
A「もっと反応せえよ」
B「6年半前に寝たときは何があったんすか?って」
A「何でそんな冷静やねん。ツッコむか驚くかせえよ」
B「ばあちゃんの葬式の後で泣き疲れてって」
A「……人やな」
B「うん?」
A「バケモンや思たけど、人やわ」
B「せやろ」

 

A「んで、何で寝えへんの?その人?」
B「俺も聞いてんよ」
A「うん、何て?」
B「逆に何でそんな寝るん?って言われたわ。Aならなんて返す?」
A「いや、眠いからですかね、とか?」
B「やんな?俺もそう返してん」
A「そしたら何て?」
B「俺は眠くないから寝えへんねんって」
A「それ聞いて何て言ったん?」
B「ぐう」
A「いや、それ出たらあかんねん。ちょっと反抗の意思が見えとる」
B「ぐうの音も出ない程ではなかってん」
A「なるほどな。でも上司やったらそこはすごいっすね〜とかで笑っとけばいいんちゃうの?」
B「ぐう」
A「それもうええねん」

◯損

A「俺さぁ猫アレルギーやねん」
B「そうなんや。じゃあ猫食べられへんのか?いや、あれは毛に反応するだけか」
A「ん?」
B「毛に反応するだけか」
A「いや、そこじゃなくて」
B「じゃあ何も言うてへんやん」
A「いやいや、猫やん。猫食べられへんやんのとこやん」
B「損やなあ」
A「損やなあ、やなくて。猫やんな?みんなが知ってる猫よな?キャットよな?」
B「うん、キャット」
A「食べ、んの?」
B「肥えたやつがええな」
A「肥えてる肥えてないじゃなくて、食べるか食べへんかの話」
B「食べるよ。スイスとかスペインのバスク地方では普通に食べられてるしな」

A「スペインの?」

B「バスク地方

A「どこやねんそれ」

B「海老のバスク

A「それはビスク」

B「そういう国も普通にあるってこと」
A「そうなん?でもここは日本やで」
B「まあまあ」
A「まあまあやあるかぁ」

 

B「ちなみに昨日は鍋にした」
A「昨日はってことはけっこう頻繁にいってるよな」
B「おとといは煮た」
A「三日前は?」
B「焼きで」
A「四日前は?」
B「蒸した」
A「五日前は?」
B「天ぷらで」
A「六日前は?」
B「ムニエルにした」
A「猫の?」
B「猫平目のムニエル」
A「舌平目のムニエルみたいに言うな。一週間前は?」
B「ズワイ猫のクリームスパゲティ」
A「ズワイ猫?おんの?」
B「おる」
A「八日前は?」
B「刺身で」
A「急にシンプル!恐れていたものがついにきた。クセはないん?」
B「パクチーと同じぐらいある」
A「クセの塊やん」

 

B「九日前は……」
A「いや、記憶力!」

◯不毛

E「親父、事件だ」
F「どうした、息子よ」
E「走っている時に急に原付きがとまり、それからうんともすんとも言わなくなったんだ」
F「ガス欠か」
E「いや、ガソリンは満タンだ」
F「オイルはどうだ」
E「オイルの事は分からない」
F「オイルかもしれないな」
E「かもしれない」
F「それでどうする、息子よ」
E「すまないが、金井町の交差点にあるガソリンスタンドまで来てくれないか」
F「待っていろ、すぐ行く」
E「すまない」
F「いいってことだ。それでどうだ、一発目にエンジンがかかった時、白い煙は出ていたか」
E「いや、出ていない」
F「ならオイルでもないな」
E「オイルの事は分からない」
F「そうか。冬はエンジンがかかりにくくなるからな。それかもしれないな」
E「かもしれない」
F「うむ」

 


A「なんやお前ら!」

 

◯眼鏡

B「俺この前さ、コンタクトつけてる暇もないぐらい寝坊してもて、急いで着替えて眼鏡だけ掴んで駅まで走ってんよ」
A「うん」
B「なんとか電車には間に合ってん」
A「んで?」
B「んで、気付いてん」
A「何に?」
B「フレームない」
A「フレーム?」
B「レンズだけやねん」
A「どうやって顔に付いてんねん」
B「ピトーッ!って」
A「ピトーッ!って?」
B「うん。ピトーッ!って」
A「どこがどうやって付いてんねん」
B「だからピトーッ!って」
A「ピトーッ!って?」
B「うん」
A「まぶたに張り付いてんの?」
B「うん、ピトーッ!って」
A「ピトーって?」
B「いや、ピトーッ!って」
A「感嘆符は別にええやん」
B「いや、そこが一番大事やん」
A「一番なん?」
B「負けないことよりも」
A「投げ出さないことよりも?」
B「逃げ出さないことよりも」
A「信じ抜くことよりも?」

 


B「……せやな」
A「冷めんなや」

◯たまには

B「ある〜日〜森の中〜」
A「……」
B「熊さんに〜」
A「……」
B「食べられた〜」
A「食べられたんかい!」

 

B「そうそう。今日はそういうのが欲しいねん。次行っていい?」
A「今日はお互いに楽やな」

 

B「昔々あるところに」
A「……」
B「おじいさんとおばあさんが」
A「……」
B「いませんでした」
A「おらんのかい!」

 

B「なんか楽しくなってきたな。どんどん行こか」
A「俺もやわ。たまにはええな。次は?」
B「もうない」
A「ないんかい!」

◯秘密の缶詰

B「金なら一枚」

A「銀なら?」

B「五千枚」

A「過酷やな!」