銀杏古書堂の素人ネタ

Bがボケて、Aがつっこみます。逆にすればよかったと思っています。たまに違うやつもあります。

◯出しゴム

A「高校時代がもう12、3年前って信じられへんよな」

B「確かにな。な〜んも変わってないわ。あの頃から」
A「結局最後までチャイムの音に慣れへんかったわ」
B「ああ、なんかオルゴールの音みたいなやつやろ?」
A「そうそう」
B「どこかっこつけとんねんな」
A「ほんまそれやで。それはそうと、俺まだBとした会話でまだ覚えてるやつあるわ」
B「どんなやつ?」
A「出しゴムのやつ」
B「ああ、出しゴムのやつね」

 


B「出しゴム貸してや」
A「なんやねん出しゴムって」
B「消しゴムで消したやつを出すやつやん」
A「出すやつやん、ってそんな当たり前のように言われても」
B「消しゴムはある?」
A「あるよ」
B「じゃあ出しゴム出せや」
A「こわいこわい。じゃあの意味も分からんし」

 

(チャイムの音)

 

A「慣れへんわ〜」
B「まだ慣れてへんの?もう2年も中盤や言うのに」
A「一年の途中まで普通のキンコンカンコンやったやん」
B「俺はすぐ慣れたで」
A「うそん、どうやって?」
B「着信音にしてるから」
A「うそつけ」
B「家の電話のな」
A「イエデンの!?」

 

B「……」
A「……」

 

B「そんなんええから早よ出しゴム出せや」
A「持ってたらもう出してるわ」

先生「はーい。はじめるぞー」

A「英語苦手やわぁ」
B「俺もやわ。今急に海外に放り出されたら即死する自信ある」
A「どういう死因やねん」
B「地球の歴史から言うたら人生80年なんて即死みたいなもんやん」
A「英語も海外も関係ないやん」

 


A「懐かしいな」
B「確かにな。そんなことより、早よ出しゴ…」
A「ない」