銀杏古書堂の素人ネタ

Bがボケて、Aがつっこみます。逆にすればよかったと思っています。たまに違うやつもあります。

◯祖父母

B「うちのじいちゃんがボケてもてさ」
A「そうなんや。何歳なん?」
B「馬で言ったら22歳かな」
A「せめて犬で言って。馬の歳のこと考えたことないから全然ピンとこうへんわ」
B「88歳とかそんなんやねんけど」
A「馬の年齢を4倍したら人なんやな。そんで?」
B「俺のことを親父の名前で呼ぶっていうベタなパターンのボケ方で」
A「ああ、よく聞くやつや」
B「最近聞いたのがさ」
A「うん」
B「じいちゃんとばあちゃんが寝ててんて。そしたら夜中にじいちゃんが」
A「うん」
B「火事や!って叫び始めて」
A「火事やったん?」
B「いや、全然。んでばあちゃんも怒って、どこも燃えてへんやないの!って言ったら」
A「うんうん」
B「これから起こるんや、って」
A「……」
B「ボケた代償に予知能力を手に入れたらしくて」
A「なんやねんその話」

 

 

B「それとか、いつも通りじいちゃんとばあちゃんが寝ててんて。そしたら急に」
A「次は何て叫んだん」
B「わしの下でオンナが死んどる、って」
A「こわいこわい。でもそればあちゃんの事ちゃうの?」
B「そう思うやろ?せやからばあちゃんも、それわたしやないの!って怒ったら」
A「うん」
B「もっと若い女や、って」
A「……」
B「ばあちゃんもまた怒って。死んでへんやないのって言ったらじいちゃんが」
A&B「これから死ぬんや、って」
B「やるやん」
A「だからなんやねんその話」

B「じいちゃんに予知能力が芽生えた話」

A「ばあちゃんは何歳なん?」

B「犬で言うたら86歳かな」

A「犬で言うても!?」

 

 

B「じいちゃん話ついでに、ばあちゃんの家で体験したこわい話聞く?」
A「聞く聞く」
B「仕事終わってばあちゃんの家に晩飯食べにいってんよ」
A「うん」
B「急にいったのにむっちゃしっかりご飯作ってくれてさ、食べさしてもらってん。その途中に、ばあちゃんはもう食べたん?って聞いたら、いやまだや、って言って」
A「うん」
B「作ってもらったおかずをあげようとしてんけど、あんまりお腹空いてないからっていって食べへんかってんよ」
A「うんうん」
B「んでお腹いっぱいになったからちょっと横になってテレビ見てたら寝てもうて」
A「うん」
B「うわ!寝てもてた!って軽く目を開けたら」
A「うん」
B「ばあちゃんが」
A「……」
B「極厚のハンバーグ頬張ってんねん」
A「なんやねんその話」