銀杏古書堂の素人ネタ

Bがボケて、Aがつっこみます。逆にすればよかったと思っています。たまに違うやつもあります。

○サッカー

 


A「日本負けたねぇ?」

B「日本?空手?」

A「なんでやねん。ワールドカップや」

B「ワールドカップか」

A「空手も負けたん?」

B「知らん」

A「知らんねや。えっ、ワールドカップ見てない?」

B「見たで」

A「ほなタイミング的に分かるやろ」

B「俺サッカーあかんねん」

A「そうなん?なんで?」

B「スポーツにおけるルール違反とか反則とかむっちゃ嫌いやねんよ」

A「うん」

B「サッカーってそういうのむっちゃ多いやん」

A「確かにそうかも」

B「ちょっと今からサッカーの嫌いなとこ並べていくわ」

A「うん」

 

 

 

B「ゴール前でとりあえずこけるとことか」

A「ネイマールで話題になってるやつや。シュミレーションてやつやな」

B「点が入ったりしたらとりあえず手をあげるとことか」

A「反則ではないけど、確かにみんなやるよな」

B「そういうのは審判が見てるから。最近ではビデオ判定もあるし、選手が決めることではないから。そんなんしてもたら審判が混乱するから」

A「えらいシビアやな」

 


B「審判にとりあえず抗議する」

A「たまに抗議しすぎて関係ないやつがイエローカードもらったりしてるしな」

 


B「とりあえず服の引っ張り合いする」

A「頑張ってんねん。止めようと必死でやってはんねん」

B「頑張りとか知らんから。ルール違反はルール違反やから」

A「シビアやねん」

 


B「スローインの時ジワジワ前に行く」

A「それは思うで。でもまぁ少しでも前からっていう気持ちの表れちゃうん?」

B「いや、ルールがあるから。気持ちとか関係ないから」

A「シビアやな」

 


B「引き分けがある」

A「それは試合のルールやからええやん。野球も引き分けあるし」

B「テニスに引き分けはないやろ」

A「まぁせやけど」

 


B「キーパーいつも怒ってる」

A「なくなってきてるやん」

 


B「後輩がタメ口になる」

A「完全になくなったやん」

 

 

 

 


A「んで打開策は?」

B「ん?」

A「そこまで言うならなんか打開策あるんやろ?」

B「あるよ」

A「言えよ」

 

 

 

B「みんなでテニスをしよう!」

A「……」

○勘違い

A「腹減ったな」

B「ニトリでも行く?」

A「ニトリ?なんで?」

B「飯食いにやん」

A「ニトリに?食堂あるっけ?」

B「何言うてんねん。ピラフとかビーフシチューとか有名やんけ」

A「どこと間違えてんねん」

 


B「ああ、ごめん。ちょっとスシロー寄ってもいい?」

A「スシロー?ええけど、腹減ったん?」

B「いや、腹は減ってないけど」

A「じゃあ何しに行くねん」

B「チャリンコを二人乗りする時に後輪のとこに付ける棒買いたいねん」

A「そんなん回ってこうへんねん」

 

○おしゃれ感

B「おしゃれ感欲しいわ~」

A「おしゃれ感?おしゃれになりたいわ~とかやなくて?」

B「うん、おしゃれ感」

A「どういうこと?」

B「おしゃれな奴ってさ」

A「うん」

B「おしゃれ感でてるやん」

A「それは、感やなくておしゃれやからちゃうの?」

B「ちゃうねん」

A「ちゃうんや」

B「おしゃれ感ってのは、ダサくてもダサいって言われへん雰囲気の事やねん」

A「なるほど」

B「何着てもええねん、おしゃれ感が出てる奴やったら」

A「例えば?」

B「ベジータとかが着てた肩の尖った戦闘服とか」

A「キャッチャーみたいなやつ?」

B「そうそう」

A「おしゃれちゃうやろ」

B「それはおしゃれ感のないやつが着た場合よ。それはもうただの戦闘民族やから」

A「おしゃれ感が出てる奴が着たら?」

B「おしゃれ感が出てるやつとかは、それをスーツの上に着たりするから」

A「ダサいやろ」

B「ハズシやん」

A「ハズシが過ぎてそっちがメインに見えるやろ」

B「ハズシやん」

A「ハズシなん」

B「水着の上とか」

A「ライフジャケットやん」

B「ハズシやん」

A「ハズシなん」

B「襦袢の上とか」

A「訳わからんやん」

B「ハズシやん」

A「ハズシなん!」

○評価

B「お前それインつきすぎてもはやアウト入ってもうてるから」

A「何それ」

B「~すぎて~から選手権な」

A「俺は?」

B「審判」

A「分かった」

 

B「お前それ重ね着しすぎて薄着みたいになってるから」

A「ええやん」

 

B「ええやん、とかやなくて」

A「どうしたらええねん」

B「体操みたいに評価して」

A「やってみる」

 

B「朝強すぎて夜寝られへんわ」

A「C難度やな」

 

B「それは技の難しさやから」

A「むずいねん」

B「点数で評価してくれんと」

A「うん」

B「テニスの審判みたいに」

A「やってみる」

 


B「車欲しすぎてもう逆に欲しないわ

A「15-0」

 


B「それ俺がリターン側やった場合、点取られてるから」

A「むずいねん」

B「ちゃんとはっきり勝ち負けが分かる評価の仕方をしてくれんと」

A「誰と戦ってんねん」

○初夢

A「どうやったよ2017年」
B「どうもないよ」
A「冷めとんな」
B「お前はどうやってん」
A「どうもないな」
B「やろ」
A「2018年はどうよ。初夢とかはどやった?」
B「夢なんて見るもんやないねん、そして語るもんでもない。夢ってのはさ、叶えるもんやから」
A「安室ちゃんみたいな事言うやん。関西弁で安室ちゃんのCHACE THE CHANCEみたいな事言うてきてるやん」
B「初夢なんか覚えてないわ」
A「そう?意識したりせえへん?」
B「夢ってのはな見るもんやないねん、そして語るもんでもない。夢ってのはさ、叶えるもんやから」
A「安室ちゃんみたいな事言うやん。関西弁で安室ちゃんのCHACE THE CHANCEみたいな事言うてきてるやん」

 

B「安室ちゃん引退やな」

A「どう思う?」

B「どうも思わへんよ」

A「なんでやと思う?」

B「思うように声が出なくなってきたとか、昔みたいに全力でパフォーマンスができなくなってきた、とかちゃう?」

A「まともな事言うやん」

B「金ならあるし、あっ、そんなことよりさ」

A「安室ちゃんの引退話を差し置ける話?」

B「うん」

A「何?」


B「妹が帰ってきててさ」
A「……。そうなんや」
B「なんか初夢見た?って話になって」
A「うん」
B「妹が妙な事言い出して」
A「えっ。こわい話?なんて?」
B「夢がずっと兄ちゃん目線やってん、って」
A「なにそれ。B目線の夢やったってことやんな?」
B「そうそう。んで俺もよく考えてみたら妹目線進行の夢でさ、妹目線から俺をみてたりして」
A「なんかすごいな。んで?」
B「んで妹話してたんやけど」


B「もしかして…」
妹「これって…」
B「俺たち…」
妹「私たち…」
B「夢の中で…」
妹「夢の中で…」

B &妹「入れ替わってる!?」

A「やめろ」

 


B「まあ今年も」
A &B「よろしくお願い申し上げます」

◯割り勘

B「割り勘で買おうや」
A「何をやねん」
B「お前と割り勘で買いたいねん」
A「せやから、何をやねん。物によるわ」
B「先に割り勘で買うか買わへんかだけ教えて?」
A「だから、物によるって」
B「カローラやねんけど」
A「車やんな?」
B「うん」
A「買うわけないやろ」
B「なんでやねん。新車に半額で乗れるんやで?」
A「好きな時に乗られへんやんけ」
B「それは俺も同じやんけ」
A「リスク分かってるやんけ。まず、どこで保管すんねん」
B「それは俺の家やんけ」
A「あかんに決まってるやろ」
B「なんでやねん」
A「誘われてる方の意見を尊重せえよ」
B「じゃあ、中間地点にしよか」
A「俺は西宮、お前は宝塚やで?どこが中間地点になんねん」
B「伊丹やな」
A「お前に有利すぎるやろ」
B「171で一本やんけ」
A「一本とかそういう問題ちゃうねん。しかも171に出るまでに何本もあんねん」
B「じゃあ逆に尼崎とかにする?」
A「逆でもないし、遠いねん」
B「171で一本やんけ」
A「西宮から尼崎は171で一本では無理やねん。途中で山幹におりなあかん」
B「姫路」
A「ん?」
B「うるさいから姫路でええわ」
A「いいわけないやろ。遠すぎるわ」
B「それは俺も同じやんけ」
A「リスク分かってるやんけ」
B「2号線で一本やんけ」
A「2号線で一本でもないし、もし一本でもそこに出るまでに何本もあんねん」
B「じゃあ二台買おうや」
A「それはもう普通に個々の買い物やん」